INTRODUCTION北見についての概要

北海道では平成16年から平成21年の間に市町村の大合併が行われ、北見市も平成18年3月5日に旧北見市、端野町、常呂町、留辺蘂町の1市3町が合併し現在の北見市が誕生しました。これにより北見市はオホーツクエリアでは最大の中核都市となりました。特に面積は道内(北方領土を除く)で1番の広さです。

北見市の気候は1年を通じて平均気温が低い寒冷な地域です。冬の気温は-10℃~-15℃程度まで冷え込み、最低気温が-30℃近くなることも多々あります。一方で、北見市は周りを山に囲まれた盆地であり、フェーン現象により気温が30℃以上の真夏日になることも珍しくありません。

そして、北見市は玉ねぎの生産量を始めとして、さまざまな日本一・道内一があります。さらに、最近では、ロコ・ソラーレ北見の活躍によりカーリングのマチとしても再注目されております。他にもラグビーの日本代表の合宿地としても誘致するなどスポーツにも力を入れています

人口 114,041 人(令和4年2月28日現在)
男性 54,299 人
女性 59,742 人
世帯数 61,671 世帯
面積 1427.41 ㎢

BIHORO北見のご紹介

01

オホーツク最大の中核都市
東京も日帰り圏内

北見市の人口は約11万人、面積は約1427㎢であり、いずれもオホーツクエリアでは最大の中核都市です。
特に面積は道内(北方領土を除く)で 1番広く、全国で見ても4番目の広さです。

また、東西に延びる道路の長さはオホーツク海沿岸から石北峠まで約110kmに広がっており、日本で一番長い市です。

また、北見市の隣町にある女満別空港から羽田空港・成田空港までの直行便もあり、片道2時間のフライトで到着するので、東京へも日帰りで観光に行くことができます。

02

北見には日本1位がたくさん

市の広さの他にも北見市にはさまざまな1位があります。

北見市は玉ねぎとラグビー・カーリングのマチと言われるように、玉ねぎの生産量は約21万トンと日本一となっております。北海道産の玉ねぎのほとんどは北見産の玉ねぎです。その他の農林水産業では、ハッカの生産量は世界一(昭和14年当時)、白花豆生産量、小麦の収穫量、ホタテ貝の水揚げ量は日本一です。

また、竪穴式住居の数が世界一という歴史的な記録や人口当たりの焼肉店数道内一という面白い記録もあります。

03

スポーツ合宿の里は
カーリングの聖地

美北見市は最寄りの女満別空港からも車で約40分と交通の便が良く、また、本州に比べて低湿度であるためスポーツをするのに適した環境でもあるため、スポーツ合宿の里としてチームの誘致に力を入れています。

北見市は以前よりラグビーが盛んであり、古豪と言われるチームもあったため、トップチームを含めて社会人チームや大学・高校のチームなどが合宿地として利用しています。
最近では、ロコ・ソラーレ北見の活躍によりカーリングに注目が集まっておりますが、北見市の常呂ではカーリングが学校の授業で行われるほど地域に根付いたスポーツであり、カーリングの聖地ともいわれています。

04

北見市は焼肉店がアツイ!

北見市は人口当たりの焼肉店の数が道内で一番多い都市です。

かつて北見市内にあったと畜場から出た新鮮な内臓肉などを鍋で煮て楽しむようになったのがその始まりで、後に焼肉屋が増えていったようです。

北見市では「厳寒の焼肉まつり」という真冬の屋外で焼肉を食べるお祭りがあるほど、市全体として焼肉を盛り上げており、北見で有名なお店の「味覚園」は札幌にも支店を出すほど、北見焼肉の人気は高まってきております

PROPERTY北見のおすすめ物件